従業員慰安バス旅行・丹後半島カニツアー(3)

カニをお腹いっぱい食べて、温泉でくつろいだ後は、バスは海産物ショッピング「かに一番」に向かいます。ここで休憩を兼ねてお買い物をします。

海産物ショッピング「かに一番」

カニが所狭しと並んでいます。先ほど食べたおいしいカニを友達や家族の方にも味合わせてあげたいなあと思いつつ、ついつい買いすぎてしまいます。

海産物ショッピング「かに一番」

「かに一番」でお土産をたっぷり買った後は、「コウノトリの郷公園」に行きました。コウノトリは国の特別天然記念物です。
1971(昭和46)年に野生のコウノトリは絶滅しました。最後の野生の生息地が兵庫県の但馬地域・豊岡市です。

かわいいコウノトリのポストです。幸せを運んでくれそうです。

兵庫県では、コウノトリの保護・増殖にたいへんな努力を払ってきました。1989(平成元)年には人工繁殖に成功し、それ以来毎年繁殖に成功して、現在は100羽を超えるコウノトリを飼育しているそうです。

コウノトリの雛の模型がありました。とてもかわいらしい模型ですが、雛が思っていたより大きいのに驚きました。

コウノトリの成鳥は、翼を広げると2メートルもの大きさになります。放し飼いになっているので観察してみると、エサを探したり、飛び回ったり、自由に過ごしています。

コウノトリは幸せを運ぶ鳥と言われています。みなさんに幸せが訪れますようにと願いつつ、たくさん写真を撮りました。コウノトリの郷を出たバスは、快調に走り、無事に三宮に到着し、解散となりました。今年もとても楽しいバスツアーとなりました。来年が楽しみです。

2007年12月6日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です