落とし物を拾うとき、袖振り合うも多生の縁と考えるか、触らぬ神に祟りなしと考えるか、私と奧さんの考えが違っていました。

誰かの気持ちや思いがこもっている物は、次に使う人は迷います。消極的に考えれば、触らぬ神に祟りなしで、新品を求めた方が気持ちが安らぐそうです。

朝ゆっくり出来る冬の日に、奧さんが手の込んだ朝ご飯を作ってくれました。

塩鮭を焼いて、自然薯をすり下ろして、生卵をかけて、かなり精力の付きそうな献立です

朝ご飯を食べながら、先日の手帳を拾った件について、思い出しながら話しました。

昼食に行くため、センター街を奧さんと二人で歩いていると、足下に手帳が落ちているのを見つけました。

沢山の人通りの中で、手帳が落ちている事に気がつかないのか、あるいは気がついても拾う事を避けているのか、手帳はセンター街の路上でずっと拾われるのを待っていました。

私が手帳を拾おうとすると、奧さんは「やめて」と私が拾う事を嫌がっていました。

ここで、私と奧さんの考えが真っ向から違っていました。

ことわざに、『袖振り合うも多生の縁』と言います。

仏教の考え方では、因果律と言って、今起きている事はその前に何らかの原因があり、その原因の結果、今があると考えます。

これに対して、神道の考え方には、『触らぬ神に祟りなし』と言います。

奧さんの考えでは、手帳を拾ったことが、何かに災いするのではないかという心配です。

私の考えは、目の前に落ちている手帳も、何かの縁で私が拾う事になるのではないかという考えです。

結局私は手帳を拾いました。

そして、持ち主を捜すために、手帳の中を見て、連絡先を見つけました。

落とした方は女性だったので、私から電話すると不審に思われると思い、奧さんに手帳を返すように落とし主に連絡してもらいました。

相手の方は大変喜んで、すぐにでもと取りに来られました。

受け渡し場所は、センター街と京町筋が交差する我が社の1階店にしました。

結果は、袖すり合うも多生の縁の通り、落とし主は大変喜んで、次回コンタクトを作る時は、我が社で作りたいと言われていたそうです。

しかも感謝の気持ちを込めて、手土産を用意してくれました。

今日の朝食の蕪漬けは、先日私が付けたカブラです。

卵は、センタープラザ地下の郷土料理「土佐」で頂いた、次郎の卵です。

自然薯は、四国の奧さんの知人から頂いた山芋です。

山芋をすり下ろして、次郎の卵をかけてかき混ぜると、粘っこいトロロ汁が出来ました。

このとろろ汁を、炊きたてのご飯の上にかけて頂きます。

とろろ汁は、ごはんと絡み合って、とてもスムーズに喉を通っていきました。

これではあまり噛まないで食べたことになるので、もっと噛んだ方が良いと思いつつも、山芋の滑りの良さに、喉の関所はすうっと通り越してしまいました。

塩鮭の焼き方も良く、大根おろしと柔らかいちりめんの組み合わせも良く、大変美味しい朝ご飯を頂く事が出来ました。

因果律を大事にするか、たたりのない事を大事にするか、奧さんの心の内はまだ迷っているようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です