うどん屋を始めるなら、うどんの学校に行くと、ノウハウを教えてくれます。学校は大和製作所と、さぬき麺機にうどんの学校が併設されています。

淡路島一宮のうどん工房淡屋オーナーは、大和製麺所のうどんの学校で、研修を受けています。

淡路島の一宮にある「うどん工房淡屋」に来ています。

何度か来ていますが、良く流行っている店です。

うどん工房淡屋のオーナーは、藤井さんです。

お店はいつも行列が出来ているほどの人気です。

そこで、うどん工房淡屋の成功要因について、考えてみました。

一般に関西でうどん屋を開業しようとすれば、うどんの学校に入学して、お店の運営について学びます。

有名なところでは、大和製作所(藤井薫社長)の大和麺学校と、さぬき麺機株式会社(岡原雄二社長)のさぬきうどん学校の二つがあります。

どちらも、製麺機を作っている会社が開いている学校です。

製麺機で作る麺は、ラーメン、そば、うどん、パスタの4種類の麺を機械で作ります。

大和製作所のうどんの学校は、6日間研修で、授業料は16万5千円です。

製麺機は、スーパー真打ちでは、一時間に250~300食作れます。

淡屋のオーナーは、大和製麺所のうどんの学校で修業をして、独立しています。

さぬき麺のうどんの学校では、5日間の研修で、6万円です。

ラーメンに比べると、うどんの単価は低くて、うどんだけでは収益が伸びません。

そこで、トッピングを増やす事で、付加価値を上げることになります。

トッピングの代表は、各種天ぷらです。

おでんも付加価値が高い食材です。

さらに、地元産の魚を使った機械で作るにぎり寿司も、うどんとの抱き合わせで高収益に繋がります。

しかし、そうはいっても競争は激しく、年間3000軒の新しいうどん屋が生まれ、その裏で、年間3000軒のうどん屋が閉店しているそうです。

こうなると一番有利なのは、製麺機を売る機械の会社です。

仕組みが少し分かってくると、自分ならどこを改善するか、と考えると、新しい考えが浮かんできます。

製麺機があれば、うどん屋、ラーメン屋、蕎麦屋がひとつの機械で出来るのです。

店を三つに区切って、入り口は別々の、うどん屋、ラーメン屋、蕎麦屋にして、奥の厨房は一つにすれば、三軒のお店を同時に運営する事が出来ます。

この場合、店の広さと、駐車場の広さが問題になります。

一般に、飲食店の家賃の採算点は、売上げ3日分と言われています。

仮に一日の売上げは、10万円なら、家賃は30万円以内に抑えないと、採算が取れません。

今日のうどん工房淡屋で頂いたのは、私は肉うどんで、奧さんはカレーうどんです。

この二つを比べると、格段に採算が良いのは、肉うどんです。

うどんを食べながら、もし自分が若いときなら一緒にうどん屋をやるかどうかと相談してみると、奧さんは、売る方より食べる方が良いわと、あまり興味がないようで、話に乗ってくれませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です