黒崎梅園組合の綾部山梅林には、2万本の梅の花が、ひとめ2万本と称されています。

レンタルビデオだと、同じ映画を、何度もお金を払って見る気はしません。 綾部山梅林だと、何度も入園料を払って、見たいと思います。  綾部梅林(2)

姫路市のすぐ隣が、たつの市御津町の、綾部山梅林がある場所でした。ここから御津町ですよと、ゲートが出来ています。 「ようこそ御津町へ」という大きな看板が見えてきました。

綾部山梅林と新舞子海岸は、すぐ近くにあります。この時期、新舞子海岸に行く車は、誰も見あたりません。新舞子浜には、素晴らしい景色の日帰り温泉があります。

駐車場の駐車料金は500円です。徴収するのは、農業組合法人 黒崎梅園組合です。

3月3日のお雛祭りには、なくてはならない菜の花畑が広がっています。しかし、お雛祭りが終わった3月の6日の日には、もう、菜の花には、薹が立っている感じです。

車を停めて、周りを見れば、小さな池には水鳥が泳いでいます。白鳥は羽を切られているのか、この池から飛び立つことはありませんが、小型の野鳥は、この池に羽を休めるだけで、池からの出入りは自由です。

綾部山梅林に行きます。綾部山梅林では、平成26年2月11日~3月21日の間、イベントが行われているようです。

第35回綾部山梅園俳句大会です。

綾部山梅林の入園料は、大人500円、子供400円で、梅ジュースまたは甘酒が付きます。今までも、何度か綾部山梅林に来ています。

その都度入場料を払って、梅を見ています。考えてみると、レンタルビデオなら、同じテーマのビデオを、何回もお金を払って見る事は滅多にありません。

それなのに、梅林なら、何回も同じ場所の梅を、その都度お金を払って見ています。何故だろうかと考えて、4年前の梅見と今回の梅見は、何が違うのかなあと歩きながら考えます。

ポスターには、平成25年度の「綾部山梅林俳句大会」で、兵庫県知事賞を受賞した作品が載っていました。

入り口で入場券を見せて入ります。とても寒いお天気です。切符を見るおじさん達は、とても寒そうにしています。比較的高齢者の方が多く、入場券のチェックも、寒い日にはとても負担です。

綾部山梅林は兵庫県の南西部、西播磨の最南端にあります。

東に播磨工業地帯を臨み、眼下に広がる国立公園新舞子浜の海岸、瀬戸内の家島群島、小豆島、淡路島等、又、遠くに四国を望む梅林で、園内には多くの古墳が見られます。

24ヘクタールの広大な綾部山広陵の梅林、ひと目二万本、海の見える梅林として西日本一といわれる、綾部山梅林うららかな春の陽、早春の風に乗って早咲きの紅梅が咲き始め、やがて一番美しい白梅の香り漂う満開の季節となります。(ホームページより)

皆さんの耳目が集まっている中で、ひっそりとサザンカが咲いていました。サザンカの主張にも、耳を傾け、花の美しさを愛でてあげる必要があります。

例年の白梅の見頃は2月中頃が5咲き 2月下旬~3月上旬が満開となるそうです。

俳句大会が行われている期間中、「第4回綾部山梅林風景写真コンテスト(神戸新聞初共催)」も開催しているようです。

向こうの方に、高楼が見えます。行ってみたい高楼です。でも、距離がありそうです。少しずつ綾部山を登って、山頂部分を目指していると、寒い寒いお天気なのに、少しずつ体が温まってきました。

梅にも、早く咲きそろう梅もあれば、これから、ぼちぼち咲こうかなと、ゆっくりと開花の準備をしている、晩生の梅もあります。人の成長も、早く頭角を現す人もいれば、ゆっくりと大成していく人もいます。梅を見ていると、あれこれ感じさせられることがあります。

2014年3月6日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です