こんな値段でいいの? パナソニックやソニーが・・・

日本企業の主力銘柄が、こんなで値段いいの? ”欧州危機”日本経済新聞より

こんな値段でいいの?「野も山も皆一面の弱気なら、阿呆になって買いの種蒔け」 と、ことわざにもあります。

東日本大震災と福島原発事故で、日本の経済力は、大きく低下しました。 ヨーロッパでは、EU加盟国の中でギリシャから通貨危機がおこり、たちまち世界経済の不安要因になってきました。

**

今の経済は、世界中が債権を持ち合い、まるでオセロゲームのように、どこかが躓くと、あちらこちらに、こけるところが出てきます。

日経平均株価は、8200円割れを記録しています。通常ならそろそろ、逆張りの個人投資家が下値を拾う行動に出る頃です。

**

試しにパナソニック、野村證券、ソニー、商船三井のチャートに注目してみましたが、これが底値と思っても、また、ずるずると下げて、まるで底が分かりません。 もちろん、底が分かれば、皆がその前に買うわけで、ここがリスクをとるか、とらないかの分かれ目になります。

新聞やインターネットで、経済の情報を沢山集めることができる時代になりましたが、ここは買い場か、ここは見送りか、ここは売るべきか、この判断は自己判断、自己責任でしかありません。

**

ケインズは、株式投資は美人投票と同じだと喝破しています。

しかし、現在の株式市場は、美人投票をする人さえ少なくなって、まるで誰が美人か気にしないような、冷めた市場になっています。

株式投資の格言に『人の行く 裏に道あり 花の山』が、ずっしりと響きます。

**

また反面、『まだはもうなり、もうはまだなり』とか、『下手な難平、 素寒貧』と、下値拾いを戒めています。しかし、昔の値段を知って、昔の値段と比較すれば、まさに、大バーゲンセールのようです。

ソニーが4000円を割った時、『ソニーショック』と言われましたが、今はショックもショックも大ショックで、あとわずかで1000円になりそうです。

**

松下電器は、パナソニックに名前が変わり、1000円を切って800円を切ったときは驚いて、それがさらに700円を切って、どこまで下げるのやら、売り手の思惑がどのあたりにあるのか、分かりません。

野村證券と大和証券となると、いったい株価は何を予想しているのか、證券と金融の大編成が現実味を帯びてきます。

**

こうなると、自分自身の判断基準となる指標を判断材料に、底値を見つける時期がそろそろやってきそうです。

バブルの時には、10,000円もした株式が、100円で買える銘柄もあります。 企業にとって、地獄を味わったほど、リストラが進んでいれば、この先は良くなる可能性があります。

**

反対に、リーマンショックのあとも、まだ不良債権の整理が出来ていなかったり、オリンパスのように、バブル時代の不良債権すら、まだ隠蔽しているようでは、今の世界的な金融不安の後に、回復する銘柄にはなり得ません。

よくよく選別して、良い銘柄を探し当てれば、花の山に辿り着くかもしれません。

当分、経済新聞や、インターネットでの経済情報から目が離せません。

2011年11月25日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です