加西の愛菜館前で、漁連の魚屋さんでは、黒鯛、ガシラ、ちりめん、海苔を買いました。

漁連の魚屋さんで、黒鯛を買うと、ウロコを取るのは、買った人です。ほ~ほ~ホタル来い(3)

吉野家の有馬店を出ると、車は右に行くか左に行くか、すぐに決めなければなりません。一方通行なので、当然、左方向へハンドルを切り、そのまま三田方面に進みます。

**

三田方面に進むと、中国縦貫道路に道が続いていて、姫路方面に向かいます。余り長く、運転していると、腰痛になるので、加西で高速道路を降り、加西のJA加西の運営する「かさい愛菜館」へ向かいます。

日帰りツアーの人気コース、買い物です。

**

かさい愛菜館では、入り口に、「漁連の魚屋」とれぴちひょうご(兵庫県漁業協同組合出典)の、移動魚屋が来て居ました。昔、海で獲れた魚を「カンカン(ブリキ篭)」に入れて、山間部や町へ行商を行っている人を、カンカンと呼びました。

**

その習慣から、兵庫県漁業組合がカンカンを始めたのが、この「漁連の魚屋」です。どんな魚があるか、覗いて見ます。値段は驚くほど安いのですが、安いには理由があります。

**

それは、以前にも書きましたが、漁連の魚屋さんでは、包丁を使えないことになっています。包丁を使うと調理になり、監督官庁の許可が変わってくるからです。

**

ハタハタ、黒メバル、ガシラ、キンキ、スズキなど、中々沢山の魚が並んでいます。所どころ、値下げされている魚もありました。値下げの理由は、何でしょう?時間は、まだ午前11時頃です。

**

立派な黒鯛も、800円から、650円です。松葉博雄の希望もあり、黒鯛(チヌ)800円を650円に値下げを選びました。しかし、これは、苦労を背負って買ったようなもので、この後、黒鯛のウロコを剥がし、腸を割いて出し、それから塩焼きにするまでの、手間を自分でしないといけないことになります。

**

松葉博雄は魚が好きなので、あれもこれも買いたい、これも買いたいと思って見ても、自分で捌くことや、家族が少ないことで、そんなに買えるものではありません。

**

あさりが、目につきます。あさりを酒蒸しにするくらいなら、500gは欲しいところですが、お味噌汁に使うだけなら、100gで結構です。

**

店のおじさんは、一握りをつかんで、ビニール袋に入れると、ほぼ100gです。正しくは110gでした。これを、100gの値段にしてくれました。

**

かわいそうなのは、捕まって、ひっそりと隅の方に縮こまり、身の上を案じているタコの姿です。タコは、深い深呼吸をしながら、近づく人がいると、身構えています。

**

近海物の魚は、瀬戸内海の魚は、明石港、網干港から上がっていて、日本海の魚は、浜坂港から上がっています。そうすると、日本海と瀬戸内海の魚は、どこで一つの流通ルートに乗っているのでしょうか?

**

わざわざ、日本海の魚を明石港に持って行っているのか、途中中継地で、二つのルートを合わせているのか、どちらでしょうか?

**

明石のちりめんと、兵庫県産の海苔を買って、愛菜館での魚介類は買い物ができました。次は、この土地で採れた野菜類を買います。

 

2011年6月2日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です